2016年07月30日

ドイツ都市の人が集まるホットスポットでの当局の対応が話題に

7月22日、日本でも配信が開始され、自治体や団体などが対応に追われる状況となっている『ポケモンGO』。ドイツ北西に位置する都市デュッセルドルフで、ポケモントレーナーが集まるホットスポットに対する当局の対応が話題になっています。

話題となっている場所はデュッセルドルフ市内の中心部にある小さな橋「ジラルデ橋」。この場所は橋の四隅にポケストップが配置されており、橋の中間ほどの位置では全てのポケストップにアクセス可能。常にルアーモジュールが使用状態にある人気スポットです。しかし、この橋は車も通ることの出来る場所で、歩道の縁に人が座り込んで車の通行の妨げになったり、ゴミのポイ捨てなどが問題になっていたそうです。

そうした問題に対して市当局が取った対応は、ポケモントレーナーが多い時間帯に「車の通行を制限する」というもの。更に移動式のトイレを新たに設置したり、ゴミ箱の数を増やすといった対応を行っていると地元メディアRPが伝えています。また、ジラルデ橋近くのショッピングモール内にあるファーストフード店では、トレーナーレベルに応じて商品を無料にするといった、ポケモントレーナー向けのサービスを提供。地元のバス会社もポケモントレーナー向けにポケストップやジムを巡る観光バスの運行を計画しているそうです。

ジラルデ橋で起きている問題には地元のポケモントレーナーも啓発活動に乗り出しています。地元のポケモントレーナー約2000人が参加するFacebookグループでは、「橋を綺麗に使うように」と注意喚起するポスターを制作したのだとか。それ以来、利用状態が良くなってきているようです。
ウィザードリィ RMT  

Posted by ascasc at 12:21Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月29日

ダービーオーナーズクラブ4周年を記念したキャンペーンが開催

セガゲームスは、iOS/Android向けアプリ「ダービーオーナーズクラブ」において、本日7月29日より4周年を記念したキャンペーンを開始した。
■新レアリティの実装


新規レアリティとなる親馬 SLE+が登場します。既存の最上位レアリティ SLEを上回る最上級親馬カードとなり、SLE+の遺伝を引き継ぐことで、今まで以上に強力な競走馬の育成が可能となります。

■4周年記念ガチャ

親馬 SLE+が高確率で出現する“4周年記念ガチャ”が登場します。期間中はSLE+の出現確率が通常時の10倍となります
開催期間
2016年7月29日メンテナンス終了後~7月31日23:59
■おまけ付きCP販売

期間中、最大で購入分の50%のCPがおまけでついてくる、“おまけ付きCP”が登場します。それぞれ5個まで購入することができます。
iOS Android
販売CP おまけ 販売CP おまけ
600CP +60CP 500CP +50CP
1080CP +220CP 1000CP +200CP
3000CP +900CP 3000CP +900CP
5000CP +2000CP 5000CP +2000CP
9800CP +4900CP 10000CP +5000CP
※個数制限:すべて5個まで
開催期間
2016年7月29日メンテナンス終了後~8月7日23:59
■新規登録キャンペーン

2016年7月29日メンテナンス終了後~新規登録をした方を対象に、チュートリアル突破時に豪華アイテムをプレゼントします。
プレゼントアイテム一覧
LE+親馬 ディープインパクト×1枚
AT(アクションチケット×50枚)
LE 現役馬メジロマックイーン×1枚
DP3000(ダービーポイント=ゲーム内通貨)
GP3000(ガチャポイント)

■「ダビオナ!4周年記念杯」開催


8チームに分かれてチーム対抗戦を行います。チーム対抗戦にて、一定のイベントポイントを獲得した全員に「ウマオメンコ・銀」がプレゼントされます。また、4周年にちなんだ賞品も登場します。
開催期間
2016年7月29日メンテナンス終了後~2016年8月9日13:59  

Posted by ascasc at 22:33Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月25日

「ボーイフレンド(仮)」キャラクターソングシリ制作決定!

サイバーエージェントは、iOS/Android用アプリ「ボーイフレンド(仮)」において、キャラクターソングシリーズの第二弾を制作すると発表した。
7月23日に行われたイベント「B's-LOG FAN MEETING」では、「キャラクターソングシリーズ」第二弾の制作決定と共に、参加カレの第一弾として10人が発表された。既に「キャラクターソングシリーズ」第一弾にも参加したカレをはじめ、「キャラクターソングシリーズ」第二弾では過去出演していないカレたちも複数参加する予定となっている。
そして「B's-LOG FAN MEETING」に出演した声優・KENNさんが本作で演じる喜多川翔太の参加するユニットのメンバーもひと足早く発表された。


さらに「ボーイフレンド(仮)」大型プロジェクトの始動も発表され、そのプロジェクトの大きな鍵となるティザーサイトも同時に公開された。現在ティザーサイトではカレたちの姿に影がかかっており、7月31日に何かが起こる予定となっている。今後の動向に注目だ。

■「ボーイフレンド(仮)キャラクターソング」第二弾

参加カレ第一弾発表(50音順・敬称略)
周圭斗(CV:立花慎之介)、一ノ瀬学(CV:平川大輔)、逢坂紘夢(CV:寺島拓篤)、喜多川翔太(CV:KENN)、黒霧時宗(CV:羽多野渉)、日向湊(CV:髙橋孝治)、廣瀬櫂(CV:保志総一朗)、宝生端季(CV:蒼井翔太)、穂高夏生(CV:武内栄治)、明神堅梧(CV:杉田智和)
「ボーイフレンド(仮)」大型プロジェクト・ティザーサイト
http://lp.bf-countdown.amebagames.com  

Posted by ascasc at 13:05Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月23日

Hardcore Gamer:

『いけにえと雪のセツナ』は『クロノトリガー』のような16bit時代のJRPGの精神を呼びかけようと試みていたが、その鈍くさい戦闘や単調な展開は、過去のJRPGを“遥かな高み”に押しやり続けているだけだ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆




海外で7月19日よりリリースされたスクウェア・エニックスのRPG『I am Setsuna(いけにえと雪のセツナ)』の海外レビューをお届けしました。PS4版平均スコアは77点(総レビュー数32件)。PC版では74点(総レビュー数4件)をマークしています。



日本ならではのゲームジャンル「JRPG」の古き良き魅力を再び全面的にフィーチャーした本作ですが、システム面においては今一歩とも言えるレビューが並びつつも叙情的なシナリオに関しては多くのメディアが好評。80点クラスの大台こそ逃したものの、90点超を与えたメディアは全体で8件にも及び、現代における「JRPG」の強みを改めて語るに成功した作品として、総合的には高い評価を受けています。ジャンルに革命を起こすようなタイトルではなく、「JRPG」の古典的な側面を強くリスペクトした作品とも評されていましたが、静謐さを感じさせるグラフィックスやシナリオは本作の「JRPGらしさ」を見事引き立てられたと言えるでしょう。
タルタロス RMT  

Posted by ascasc at 22:56Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月22日

『Evolve Stage 2』

7月初めにFree-to-Playタイトルとして再ローンチした『Evolve Stage 2』に最新アップデート「The Electro Shock Update」が配信され、一風変わった新ハンター“Electro Griffin”が追加されました。80年代Sci-Fi映画のテイストとなっており、特徴を紹介するトレイラーもどこか懐かしさを感じさせるVHS風味です。



“Electro Griffin”はゲーム内通貨8,000シルバーキーでアンロックが可能。ファウンダー(オリジナル版『Evolve』を購入したプレイヤー)は即座に使用できるとのことです。なお、今回のアップデートでは多数の調整も加えられているので、本作のプレイヤーはアップデートノートを確認しておきましょう。
アラド RMT  

Posted by ascasc at 20:13Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月20日

誓い

第一次世界大戦で停滞した西部戦線を迂回し、中央同盟軍のオスマン帝国へ攻撃を成功させるために実施されたガリポリ上陸作戦がテーマの、ピーター・ウェアー監督作品の映画『誓い(Gallipoli)』。オーストラリア軍とニュージーランド軍の合同組織、通称ANZACをメインに据えた作品で、主演に『マッドマックス』の主役を演じたことで知られるメル・ギブソンが抜擢されている映画です。なおガリポリ上陸作戦の戦地となったアンザック入江については、『BF1』で公開されたスクリーンショットの考察から実装されるのではないかという噂があるため、どのような戦闘があったのかを知るためにチェックしてみても良いかもしれません。
チョコットランド RMT  

Posted by ascasc at 19:39Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月16日

Fallout 4』新ボス巨大すぎ

“『GTA V』『Fallout 4』『The Witcher 3』など大型PCタイトルの登場もあり、ますます盛んになっているModカルチャー。日々Modユーザーが新たな作品を投稿しており、膨大な種類が存在します。そこで、Game*Spark編集部スタッフが、「スゴイ!」と感じたModを毎週1つピックアップしてご紹介していきます。”

編集部が独断と偏見でスゴイと思ったModを紹介する「このModがスゴイ」。第22回目では、『Fallout 4』に地下ダンジョンとクエストを追加するMod「Ransacked Relays and Shuddersome Subways」を紹介します。



■概要



海外Modder、Trainwiz氏が制作した本Modは、地下鉄が走る地下のダンジョンをゲーム内に加えて、ボリューム抑えめの短いクエストも2つ導入。このダンジョンは新規に作られた2つのエリア「Ransacked Relays」と「Shuddersome Subways」が舞台となっており、崩落した地下鉄線路を始めとする不安定な足場と仕掛けられたトラップの数々が特徴的です。



本Modをプレイするための必須DLCはなく、導入すればすぐに遊べます。スタート地点は、「Ransacked Relays」がジモンヤ前哨基地の北、「Shuddersome Subways」がポセイドン・エネルギーの南に設定。当然ながら難易度Survivalにも対応しており、コンパニオンを引き連れていけますが、あなたは何度も死ぬだろう、とその難易度の高さを匂わせています。
アトランティカ RMT  

Posted by ascasc at 10:49Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月13日

メタルギア ライジング リベンジェンス

発売日:2013年2月21日 発売元:SCE/コナミデジタルエンタテインメント 開発元:小島プロダクション/プラチナゲームズ 対応機種:PS3/Xbox 360+PC(海外のみ)


本作の公式サイト

―あの雷電が斬りまくる!
『メタルギア ライジング リベンジェンス』は、サイバネティック技術によってサイボーグと化した雷電が主人公の3Dアクションゲーム。本作は、『MGS4』の後のストーリーを描いており、雷電はPMCに所属する傭兵として様々な任務を遂行していきます。

本作には、敵を斬って内蔵パーツを奪う事で、体力とエネルギーをチャージする「斬奪(ざんだつ)」や、あらゆる方向からモノを切断できる「自由切断」、敵に不意打ちを喰らわせる「ニンジャキル」をはじめとした独自のゲームシステムが搭載。敵に隠れながら任務を遂行していく従来の『メタルギア』とはゲーム性が異なりますが、無線通信などシリーズならではの要素も備わっているので、ファンならニヤリとしてしまうかもしれません。

本作の特徴
ウィザードリィ RMT  

Posted by ascasc at 14:08Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月12日

2016年上半期あなたのベストゲーム』結果発表

毎週恒例の読者参加アンケートコーナー「Game*Sparkリサーチ」。今回は『2016年上半期あなたのベストゲーム』というテーマで皆様から募集した回答をご報告。




回答で最も多くの共感を集めていたのは、シングルだけでなくマルチの評価も高い『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』と、FPS界に新風を吹き込んだ『オーバーウォッチ』でした。片や長年続くTPSシリーズの集大成、片やBlizzard Entertainment初のFPSと、非常に対照的ですね。また、『DARK SOULS III』や『Life Is Strange』にも多くの共感が集まっています。




その他には、『DOOM』、『The Witcher 3: Wild Hunt』DLC「血塗られた美酒」、『Quantum Break』、『オーディンスフィア レイヴスラシル』、『Grim Dawn』、『Stardew Valley』、『初音ミク Project DIVA Future Tone』、『Unravel』などなど……多岐のジャンルにわたる作品が挙げられており、2016年はゲーム豊作の年であると感じさせます。
ドラクエ10 アカウント  

Posted by ascasc at 10:45Comments(0)TrackBack(0)